メメントモリ。

娘がこの間生まれた。この間と行っても、もう3ヶ月経とうとしているので、そこまでタイムリーな感じはないのだが、日々慌ただしく賑やかな暮らしを送っている。とても幸せだ。

そして、昨日祖父が脳梗塞で倒れたらしい。幸い意識ははっきりしているとのことだが、どうだろう。直接まだ様子を見れていないので心配だ。祖母も1ヶ月前に転んだらしく骨を折っている。どちらもまだ顔を見に行けていない。

地元を離れて時間が経つ。地元には年に数回は帰っているのだが、なんとなく皆変わりなく、地元を離れたときから時が止まっているような気がしていたのだが、実はそれはとんだ勘違いで、知らない間に皆年を取っているのだと急に実感している。そりゃ僕にも娘が生まれるわけだ。

幸い祖父も祖母も意識はあるらしい、生きているうちに生きていることの尊さを再認識できたのは不幸中の幸いかもしれない。今年の年末年始はいつもより濃い時間を過ごせるといいと思う。

000002
このたぬきは祖父母の家の庭にあるもの。このブログに出てくるのは2度目になる。

過去のたぬきはこちら↓
www.gnpreppy.com

モノクロフィルム写真をひさしく撮っていないのだ。

000012
左の歩行者の足にピントがあっていればもう少し色っぽい写真になったと思うのだが、とっさにピントを合わせられないのだった。
カレンダーの記述を見るに、2年前の今日は初めて暗室で現像した日だそうだ。レンタル暗室は手軽に現像を体験できるいいサービスだったが、結局数える程度しか利用していない。地理的にちょっと遠いので足が伸びないのだった。さらに言えば、最近はもっぱらデジタル一眼レフで写真を撮っている。フィルムカメラを最後に持ち出したのは1年ぐらい前になるかもしれない。ACROSの販売終了などモノクロフィルムを取り巻く環境は緩やかにだが、確実に終焉に向かっている。撮れるうちに撮るべきかもしれない。

猿島に行ってきた。

台風が沖縄に付近に接近しているようですが、私のいるあたりはだいぶ秋らしくなってきました。 明け方など寒くて目が覚めることがあります。

暖かさが恋しいので、 1ヶ月前ぐらいに猿島へ行ったときの写真を上げます。 季節感がないのはいつものことなので、目をつぶってください。 105mmで切り取った平成最後の猿島の夏です。

DSC_5392_00010
手を広げる男性。

DSC_5370_00004
圧縮効果?

DSC_5366_00003
秘密基地前にて

DSC_5345_00006
何が釣れるんでしょうね。

DSC_5335_00005
家族連れ、カップル、友人グループなんてのが目立ったが、おっさん二人でっていうのもオツかもしれない。

105mmはやっぱり狭かった。

買ったばかりの105mmの試写を兼ねて訪れた猿島だったが、 細くウネウネとした散策道が敷かれている猿島では、難易度が高かった。 一方で数は少ないものの、いくつか気に入る写真も撮れた。 早く望遠気味の写真にも慣れていきたいところ。


以前の猿島記事

www.gnpreppy.com